虫歯治療ガイド

20代 女性の虫歯治療体験談

想像と違って全く苦痛のなかった虫歯治療

私は高校3年になって初めて虫歯治療を経験しました。それまでは虫歯は1本もありませんでした。しかし高校2年の頃から、夜食を食べながら深夜まで勉強をし、そのまま机で寝てしまう日が増え、その積み重ねで、ついに虫歯になってしまいました。
初めての虫歯治療では、とても緊張しました。虫歯治療というと、かなり痛みが強いというイメージがあったからです。さらに「チュイーン」という独特の金属音が、一層恐怖感を増すというイメージもありました。
しかし実際は、麻酔注射をしてもらったので、全く痛くありませんでした。麻酔注射も、いわゆる注射器の形状はなく、ハンドガンのような形で格好よかったです。興味を抱いて観察しているうちに麻酔は終わりました。
削る音もさほど大きくなく、しかも削っている時間はわずか数十秒程度でした。削った穴には樹脂が詰められたのですが、治療の大部分がこの作業でした。これは痛くもなければ怖くもありませんでした。
このような感じで、私の虫歯治療の初体験は想像していたものと違い、全く苦痛を感じることなく終わりました。


ページのトップへ戻る