虫歯治療ガイド

虫歯と歯周病

虫歯は歯垢が原因で起り、歯周病は歯石が原因で起ります。歯垢は唾液などから細菌が歯に付着することで起こり、その歯垢を放っておくと硬くなっていき、2日程度で歯石となります。

歯垢は、歯石よりも柔らかいために日常の歯みがきでも落とすことができますが、歯ブラシの届きにくい歯の裏側や奥に長い間落とせないと虫歯なっていきます。

歯石は石灰化して硬くなってしまっているので、なかなか日常の歯みがきでは落とせません。また歯石は歯と歯茎の間につくことで、歯茎に影響を及ぼし歯肉炎、歯周病を引き起こします。そのため、半年に一度程度の歯のクリーニングを行うことで、歯石を取り除き、歯周病予防をすることができます。

もし歯周病になってしまった場合でも、その進行度合(歯茎が腫れている、歯茎から出血している、歯茎が後退している、口臭があるなど)によって治療期間や治療法が変わってきますので、早めの歯科検診をおすすめします。今では、歯茎や骨の再生治療を行っている歯科医院もありますので、気になる方は相談してみましょう。

横浜の審美歯科をお探しならこちらの歯科がオススメ。
平日の夜も遅めの時間まで診療しているので、仕事後に通うことも可能です。

ページのトップへ戻る