虫歯治療ガイド

虫歯の進行状況

一般的に虫歯とは、歯垢などが原因で歯の一部が溶けてしまう症状を言います。その虫歯の進行度合を五段階で診断します。学校での歯科検診でも聞き覚えがあるかと思いますが、C0、C1、C2、C3、C4と医師が診断していた、あれです。

  • C0:自然治癒する可能性がある状態
  • C1:ごくたまにしみる程度の状態
  • C2:時々、歯がしみたり痛みもある状態
  • C3:強い痛みを伴う状態
  • C4:虫歯が進行しすぎて、痛みも無い状態

上記のように、虫歯の進行状況によって治療法は異なります。症状が軽度であれば虫歯を削る程度ですみますが、中度になると銀歯などの被せ物が必要になってきます。さらに神経まで達していると、神経を抜いたり、根管治療が必要になります。さらに進行すると抜歯したり、インプラント治療が必要になるケースもあります。

検診などで虫歯が見つかったり、歯がしみてきたら、まずは歯科医院に行きましょう。早期発見、早期治療が費用的にも安く、治療期間も短く、治療方法も軽度ですみます。また半年以上、歯医者さんに通っていなけば、今すぐ予約の電話をしましょう。日常の歯みがきでは落とす事ができない歯垢や歯石も歯のクリーニングをすることで虫歯や歯周病予防につながります。


ページのトップへ戻る